NZ MoyaSystem

ニュージーランド在住のプログラマがあれこれ書くブログ

「英語を勉強しに留学する」のはお金の無駄

イチオシ記事▼

こんにちは。

先日 大学を卒業したので、 最近はもっぱら洋書を読んだり、友達と雑談したりして英語を勉強している筆者です。

いくら海外に住んでいるとはいえ、油断すると一日中一言も英語話さずに終わったりすることもありますから、意識的に勉強していく姿勢が必要だなーと実感しているところです。

さて、おとといこんな↓ツイートをしました。


思いのほか多くの方にリツイート、お気に入りをいただきました。今までの英語学習を振り返ってみて、これはほんとに実感します。

英語を話せるようになるのに、留学は必要ありません。

21世紀にもなって、英語を勉強するためだけに留学するのはお金の無駄です。


Studywww.flickr.com

英語だけなら日本でも勉強できる

今は DMM英会話ラングリッチ といったオンライン英会話スクールが充実しており、日本でも安価にネイティブから英語を教えてもらえます。

すべての授業を英語で行う 国際教養大学 、学生の大半が留学生である 立命館アジア太平洋大学 のような学校もできました。

インターネットラジオや電子書籍などを使えば、一日中英語に浸って暮らすこともできます。

ネイティブと日常会話を楽しみたいのであれば、週末、都市部のスポーツバーなんかにいけば、沢山の外国人で賑わっていますから、その輪に入っていけば済む話です。

日本にいながらにして英語を勉強する環境がこれだけ整っているのに、なぜ留学にこだわる必要があるのでしょうか?

Skypewww.flickr.com

留学すれば英語できるようになるわけではない

「でも、留学すれば英語できるようにはなるでしょ?」という方もいるでしょう。

たしかに、留学すれば英語力は"多少"伸びます。ですが、自分の感覚では、留学で劇的に英語力が伸びるなんてことはないです。

留学で伸ばすことのできる英語力は、国内でも伸ばせるレベルです。

それに、冒頭でも書きましたが、留学しても一日英語使わないで終わるなんてこともザラなんです。

えー、そんなことあるの?と思われるかもしれませんが、たとえば、週末ひとりで、あるいは日本人の友だちと観光地に遊びに出かけたとします。はい、そうなるとほぼ間違いなく英語使わずに終わります。ただの海外旅行と同じ。

留学したところで、意識的に英語をインプットし、アウトプットする生活をすごさなければ、日本にいるのと何も変わらないのです。

逆に言えば、日本から出なくても、生活次第で留学する以上のインプット、アウトプットを実現することも可能なんです。

Stacking Up and Defying Time (+1)www.flickr.com

それでも留学するメリットとは?

日本にいても英語を勉強できるこの時代、あえて留学するメリットはどこにあるのでしょうか?

語学学校に通うだけであれば、あまりメリットは無いように思います。語学力だけなら日本でも鍛えられますから。しかし、本格的に大学に留学して学位を取るというのなら話は別です。

最も大きな、かつ一般的なメリットは、日本の大学より勉強できる(せざるを得ない)点です。

日本の大学だと、出席さえしていれば単位が出るような授業も少なくありませんが、海外の大学ではそんなゆるいことまずあり得ません。いくつものレポート、課題を提出し、さらに試験で及第点を取って、ようやく単位がもらえるわけです。ですから、すべてのカリキュラムを終えたとき、大学での勉強時間は確実に日本の学生より多くなっているでしょう。


また、国によっては、その国の大学を卒業することで永住権の取得に役立つケースもあります。

たとえばオーストラリアやニュージーランドでは、国内の大学を卒業していると、永住権の取得に有利になるシステムになっています。将来これらの国で暮らしたいと考える方にとっては、留学するメリットは大きいでしょう。いずれにせよ、留学するメリットは英語以外の部分にあることは確実だと思います。

まとめ

筆者は、サラリーマン時代に海外研修でシンガポールに行くまでは、一度も日本から出たことがありませんでした。ですがオンライン英会話とIELTSの勉強で英語を鍛えていたため、語学学校ではトップレベルのクラスに割り振られ、留学経験のある同期とも対等に渡りあうことができました。

という経験もあって、英語習得に留学が必要だとはまったく思いません。

それでも会社を辞めて留学したのは、学生時代に学べなかったITをあらためて勉強したい、そして将来はニュージーランドで就職して永住権を取りたいという強い思いがあったからにほかならないのです。

留学は、時間とお金を大きく消費する投資です。その引き換えに得るものがいくばくかの英語力だけでは、あまりにもったいない。

留学を検討している方は、そのリターンをよーく考えましょう。くれぐれも人生棒に振らないように。

留学で人生を棒に振る日本人―“英語コンプレックス”が生み出す悲劇 (扶桑社新書)

留学で人生を棒に振る日本人―“英語コンプレックス”が生み出す悲劇 (扶桑社新書)


また、国内で英語を勉強している皆さん、安心してください。日本から一歩も出ずに、留学経験者よりも高い英語力を身につけることは可能です。ぜひ勉強を続けていってください。筆者もまだまだ英語修行中なので、一緒にがんばります!