NZ MoyaSystem

ニュージーランド在住のプログラマがあれこれ書くブログ

【海外就活】ITコミュニティのクリスマスセッションに行ってきた!

どうも、海外就活生のはっしーです。


11月も後半に突入してニュージーランドはクリスマスムードが高まってきています。今日は、ニュージーランドのITコミュニティ、Institute of IT Professionals のクリスマスセッションに顔を出してきました。カンファレンスというより懇親会的なイベントで、参加費無料でビールとピザを楽しみながら親睦を深めましょう、という感じ。地元のエンジニアとお近づきになって、あわよくば何か就活の手がかりでも得られればいいかなーっという魂胆です。コネクション大事ですからね。


会場は、カンタベリー大学の向かいにある、歴史ある洋館といった趣きのバー。

f:id:imo_jo_chu:20151119162853j:plain


全然バーっぽく見えないですが、中はちゃんとお店になってます。窓からは季節の花が咲く庭園も見えていい雰囲気です。


参加者は20人くらいでしたかね。思ったより少なかったですが、15年間個人事業主でネットワークエンジニアをやってる人や、大学を卒業して起業し、最新の暗号技術をつかった電子メールを開発している人など、様々なバックグラウンドの人とお話ができて興味深かったです。


「仕事探してるんです」と話すと、「あの会社なら常時エンジニア探してるはずだよ」と教えてくれる人もいました。感謝! これはさっそく応募の準備しなきゃいかんですね。


ただ、いくつか課題もありました。


まず、会話のきっかけになるようにと、筆者の似顔絵(アイコン絵です)をプリントした名刺を持っていって配り回ってたんですが、ニュージーランドの人って名刺あんまり持ってないんですよね。こちらは名刺どんどん配って名前を売れるんですが、相手の連絡先を教えてもらえないので、このままではコネクション作りという意味で一歩足りない感じです。どうにかして自然に相手の情報をもらえないものか、と思案中であります。


また、参加者はほとんどがニュージーランド人のため、もらえる就活情報はだいたいがニュージーランド人向けのものになってしまいます。有益なことは有益ですが、やっぱりニュージーランド人と外国人では効果的な就活って違うと思うので、どうせ情報収集するなら、外国人から話を聞いたほうが良いでしょうね。筆者はすでにいいろな日本人の方に就活相談をしてるので、あとは行動あるのみというフェイズなのかもしれません。


クライストチャーチではほかにもIT系のミートアップ、カンファレンスが開かれており、年内もいくつか予定されているので、これからも積極的に顔を出して自分を売り込んできたいと思います!


普通のサラリーマンのためのグローバル転職ガイド

普通のサラリーマンのためのグローバル転職ガイド