NZ MoyaSystem

ニュージーランド在住のプログラマがあれこれ書くブログ

過重労働を許すな。「長時間労働撲滅キャンペーン」に署名しよう!

イチオシ記事▼

2015年12月に電通の新入社員が過労自殺を遂げた事件は、労働基準監督署が立ち入り捜査に入るなど新たな展開を見せています。

Change.org で、「長時間労働を撲滅して、日本から過労死をなくしましょう!」という署名運動が行われています。発起人には、経済評論家の勝間和代さん、長時間労働改善事業に長年携わっている、起業家の小室淑恵さんなどの名前がありますね。

www.change.org


皆さんにお願いです。

ぜひ、この署名運動にご協力ください! 日本の労働環境を変えるために声を上げましょう!!

f:id:imo_jo_chu:20161016090022j:plain

日本では労働時間の上限がない!!

長時間労働が過労死の原因のひとつであることは間違いありません。厚生労働省は月80時間の残業を過労死ラインとして定めています。モチベーションが高ければ200時間残業しても死なないとか言う人もいますが、んなことは関係ないのです。長く働きすぎると死のリスクがある。これは事実。

そのため、労働時間には上限を設けるのが、労働者保護の観点では不可欠なのですが、なんと日本では労働時間の上限が存在しないのです。プロジェクトの元ページに詳細がわかりやすく書いてありますので引用します。

EUでは、労働者の健康と安全の保護のため、平均週48時間労働が法律上の上限時間であり、違反した場合の罰則規定があります。また、1日の労働時間終了後に連続11時間以上の休息を与えなければならない「インターバル規制」が義務化されています。

日本では労働基準法で定められている月間時間外労働は45時間まで、という限度がありながら、労使協定を結んでしまえば事実上、上限なく働かせることが出来てしまう国です(36協定の特別条項を設定すれば年間6か月間は労使で決めた上限まで働かせることが可能)。

日本にもEUと同じように、労働時間の上限設定、インターバル規制を導入し、労働者を長時間労働から守ろう! というのが、今回の署名の趣旨です。

36協定というのが抜け穴なんですよね。僕が以前勤めていたIT企業でも、これのおかげで月100時間の残業もオッケーになってました。

当時は、緊急事態ならそれくらい働くのも当たり前だよね〜なんて考えてましたけど、そんなことはないですよね。緊急事態だろうがなんだろうが、人が死ぬほどのリスクを負っていいはずがない。どれだけ危険な工事現場でも安全対策は取るでしょう。

長時間労働のリスクがあまりに軽んじられているのが今の日本です。

社会が変わるチャンスを無駄にしてはいけない

この署名運動がどれだけ重要なものか、NPO法人フローレンスの駒崎弘樹さんが自身のブログに書かれています。

労働時間の上限設定と、インターバル規制導入。この2つが安倍首相も参加する「働き方改革実現会議」で議論される動きがあるのですが、それが産業界の反対により妨げられつつあるというのです。

産業界にとっては、これまで無尽蔵だったら人的資源を制限されることへの恐怖があり、それが政治的パワーとなって働き方改革を妨げる方向に向かっているそうなのです。

このままでは、おそらく改革は微温的なもので終わるでしょう。そして日本のどこかで、また若者が長時間労働にボロ雑巾のように痛めつけられ、命を落としていくでしょう。

今回の働き方改革は、日本の労働環境をトップダウンで変えられる、数少ないチャンスです。

僕も日本で働いていたときは、100時間を超える残業を経験し、あと一歩で自殺するところまで追い込まれました。その後、会社を辞めましたが、長時間労働が当然のように存在する日本ではとても転職に希望は持てないし、社会が変わることにも期待できない。だから、長時間労働の存在しないニュージーランドに身を転じました。

しかし、この署名活動で、多くの労働者の声を集約することができれば、本当に日本の社会が変わるかもしれない。みんなが幸せに働ける世界の実現に向けて、大きく前進するかもしれないのです。

こうしている間にも、月122時間の残業に従事していたフィリピン人男性の死に過労死判定が出たとのニュースが飛び込んできました。働きすぎで死人が出る社会なんてどう考えても異常です。

おまけに過労死判定が出ても刑事罰に発展することはありません。過労死は企業による殺人にほかならないのに。おかしいでしょ?

こんな愚かなことは、我々の世代で終わりにしなければいけません。

「もう長時間労働はたくさんだ!」と思っている労働者の皆さん、どうか、このキャンペーンに力を貸してください。あなた自身だけでなく、あなたのお友達や、いずれ社会に出ていく子どもたちを救うためにも、声を上げましょう。よろしくお願いします。

www.change.org