海外就活

【海外就活】ニュージーランドの求人サイトは使うな!?

前の記事はこちら→【予告】オークランドには行くなと言うけれど。 – NZ MoyaSystem


こんにちは、ニュージーランド就活生のはっしー(@hassy_nz)です。

昨晩は縁あって、オークランドの日本人コミュニティの懇親会に参加させていただきました。

就活の心得から、オークランド生活の実態にいたるまで、かなり興味深い話をたくさん聞くことができました。この一晩だけでもクライストチャーチから飛行機で来たかいがあったというものです! メンバーの皆さんほんとうにありがとうございました!

とてもひとつのエントリに収まらないほど内容が濃かったので、これから何回かにわけてブログでシェアしていきたいと思います。

求人サイトを使うのは意味がない!?

今日はニュージーランド就活に関する、かなりショッキングなニュースのご紹介です。

タイトルの通り、

ニュージーランドの求人サイトで就活するのは愚の骨頂!

だ、そうなんですよ。な、なんだってー!

日本で就活、転職活動をする際には、リクナビやマイナビなどのサイトに登録して、インターネットで求人を探すのが一般的ですよね。

ニュージーランドにも、SEEK や、Trade Me Jobs などの求人サイトが存在し、毎日多数の案件がアップされています。

しかし、それらを使って就職に結びつく確率は、とてもとても低いのです。

そこには、この国ならではの理由がありました。

ネット求人の多くは形だけ!?

ニュージーランドの企業は、原則として、ニュージーランド人を優先して雇わなくてはなりません。
ニュージーランド人でもできる仕事なのに、わざわざ外国人を雇ってはいけないんですね。

ただし、求人を出したのにもかかわらず、ニュージーランド人の人材が見つからなかった場合、外国人も雇って良いことになっています。
そのような証拠があれば、ワークビザを取ることができるのです。

……もうおわかりですね?

ある企業が、優秀な外国人の人材を見つけて、雇いたいと思ったとします。
しかし「求人を出したけど、いいニュージーランド人が見つかりませんでした」という証拠が無ければ、雇うことができません。

そのため、就活サイトに、”形だけ”求人を出すのです。

そして、どれだけ応募が来ようが全部無視して、移民局には「求人出したんだけどいい人いなかったから、この外国人雇いますわ」と申請するわけです。

ニュージーランドで働いている外国人の数は、決して少なくありません。
ということは、彼らの数だけ、就活サイトに”形だけ”の求人があるわけでして……。

つまりインターネットで見つかる求人の多くが、”形だけ”のものなのです!

まじかよ

いやー、たまげましたね……。

だって、僕は今まで、これらの求人サイトを中心に職を探してたんですよ?
そのほとんどが無駄な行為だったって言うんですから、そりゃ驚きますし、へこみます。
……まぁでも、早めのタイミングで知ることができてよかったです。
このままずるずるとネットで就活をしていたら、就職がどんどん遅れるところでした。

それにこの事実を知ったことで、ネットの求人にガンガン応募しているのに反応が悪い理由がわかりました。
僕のCVは今のところ誰に見せても十分な経歴だと評価してもらえてるんですが、それにしてはあまりメールや電話が来ないなぁと思ってたんですよね。

そりゃ連絡来ないはずです……応募しても無駄なんですから。
逆に考えれば、そんな形だけの求人が多い中で数回でも反応があったのは、他の応募者と比較してもCVの内容が良いからなのかもしれませんな。
と、今はポジティブに捉えることにします、笑

じゃあ、どうすればいいの?

ネットでの就活が無駄だとわかったのはいいんですが、それならどうやって就活するの? って話ですよね。

先日のクライストチャーチのWeb屋さんの話とも共通しますが、やはり、日本人が正攻法で職を得るのは難しいようです。ニュージーランド人と同じ土俵で勝負しても無理です。日本人ならではの戦略を考える必要があります。

あわせて読みたい
【海外就活】NZのWeb屋さんに就活の秘訣を聞いた!こんにちは、ニュージーランド就活生のはっしー(@hassy_nz)です。 今日は、クライストチャーチでWeb制作会社の社長をされて...

業界の人脈を増やす

ニュージーランドはどこに行っても口コミの影響力が絶大です。
どこの誰かわからない人より、社員の友達のほうがよっぽど安心できる。

そのため、業界の知り合いを多く作ることが大切です。
ということで、コミュニティやカンファレンスへ積極的に参加したり、オフィスビルの近くのカフェに張り込んで、社員がミーティングをし始めたところに割って入り顔を売る、などの戦略が有効だそうです。

事務所に飛び込みをかける

アポ無しで会社に押しかけてCVを置いて帰るのも、こちらではよくあることだそうです。
そのときは求人がなくても企業はCVを保存しておき、後日ポジションが空いた時に連絡をかけてくるのだとか。
特にクリスマスモードでネット求人の数が落ち込む12月から1月は、人事がヒマになるので飛び込みにもいいタイミング、とのこと。

「日本市場から仕事を取れる」とアピールする

ニュージーランドの企業はほとんどが中小企業のため、マーケットを広げられるのはとても魅力的です。
なにせ、国の全人口がたったの400万人ですからね。
そこから日本の100万人都市ひとつに商圏が広がるだけでも影響は大きいのです。
日本に人脈を持っている方は、それをフルにアピールすると良いかもしれません。

まとめ

ほんと、今の自分の行動方針が間違っていることに早めに気づくことができてよかったです。
このままネット中心の就活を続けていたらと思うとゾッとしますね。

今後ニュージーランドで就活しようと考えている方、ネットだけで仕事見つけようとしちゃ絶対ダメですよ!
人脈と度胸と戦略を駆使して就活を成功させましょう。僕もがんばりますよーっと。

↓次の記事はこちら↓

あわせて読みたい
【海外就活】最初の就職はよーく考えないと後悔するぞ!前の記事はこちら→【海外就活】ニュージーランドの求人サイトは使うな!! - NZ MoyaSystem こんにちは、ニュージー...
ABOUT ME
はっしー
ニュージーランドで働くプログラマ。 日本のIT企業で月100時間超えの残業を経験して過労死しかけたことをきっかけに国外脱出、毎日定時帰りの生活と年収アップを実現させる。脱社畜、英語、海外移住などをテーマに情報発信中。Twitterフォロワーは約8000人。 ニュージーランド永住権ホルダー。

POSTED COMMENT

  1. mmmmkun より:

    自分はオークランドでちょっとITの職探しをしてます。真剣さははっしーさんの足元にも及びません。
    この記事のようなことは、ホテルマネージャなどのピンポイント職種の求人であればそのようなこともあるかもしれませんんが、IT業界の一般的な職種の求人ではそのようなことは少ないのではないでしょうか?Seekの求人って、ほとんどリクルーターの定型文的な求人で、年間通して出てます。そして、リクルーターは、会社Aに勤めている人を、会社Bに高値で売りさばく、というのが仕事です。技術のことはぜんぜんわかってないし、わかろうともしないし、興味あるのは、労働者の(非技術的な)面接力と、一目でわかる職歴経歴であって、英語が不便な人、その土地に住んでない人、ビザとか面倒な人、NZ,AUS,アメリカなどでの有名会社での経歴がない人はリクルートしたくない。
    多分地元民にとってのIT業界は、サポートやインターンから少しづつ階段を上っていくような、丁稚奉公のような職歴を少しづつ積んでいくような社会なのだと思います。そういう人がステップアップしていくのにつれ、リクルーターが上前をはねる、という感じで。で、そういう経歴がない自分のような移民は、ハナから相手にされてないのだと思います。
    自分の場合、リクルーターからは、ほぼ間違いなく無視されてます(リジェクトもされない)が、IT会社の直接の求人の場合は興味を持ってもらえる場合が多いです。数は少ないですが、ほとんど必ず電話面接または面接となってます。そして面接内容もテクニカルの質問です。
    だいたいIT技術者を雇うんだから、リクルーターのやっているような、技術力と無関係なソツのない面接力を試しても仕方ないと思うんですよね。

  2. imo_jo_chu より:

    id:mmmmkun さん
    丁寧なコメントありがとうございます。
    もちろんSeekの求人でもまともなものはあります。先日も企業直接の求人から面接を受けてきました。
    が、フェイクの求人がかなり多くあるのはオークランドの中では常識のようでしたので、ブログで紹介した次第です。
    リクルータが技術のことをわかっていない、というお話ですが、自分がクライストチャーチでお会いした方はIT専門のリクルータで、技術的な実績についてかなり質問してくれました。会社によってもだいぶ違うのだと思います。
    お互いうまく就職できるといいですね。 頑張りましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です