ニュージーランド

マウントクックの「フッカーバレー・トラック」の見どころ・感想を解説!

こんにちは、無職になってニュージーランド一周中のはっしー(@hassy_nz)です。

今日はニュージーランドの中でも屈指の人気ハイキングコース「フッカーバレー・トラック」を解説します!

ニュージーランド最高峰のマウントクックをはじめ、様々な絶景が楽しめるコースとなっています。

「フッカーバレー・トラック」とは

「フッカーバレー・トラック」は、マウントクックふもとのキャンプ場からスタートして、フッカー氷河湖を目指す往復10kmのハイキングコースです。所要時間は往復3時間程度が目安となっています。

迫力ある川の流れやサザンアルプスの景色を楽しみながら、高山植物の咲く平原を通り抜けていくなど、見どころは満載。

足元はきれいに整備されており急な坂などもないので、山歩き初心者やお子さん・お年寄りでも歩きやすいコースです。

はっしー
はっしー
ふだんあまり運動しない僕でもちゃんと歩ききれました!

「フッカーバレー・トラック」の見どころを写真とともに解説!

では実際に僕が歩いたときの写真を見ていただきながら、このコースの見どころを解説していきます!

「フッカーバレー・トラック」のスタート地点近くからは、こんな雄大な景色が見れちゃいます。氷河が作り出した谷と大平原、そしてそびえ立つ山々。

15分ほど歩くと、ミューラー湖という氷河湖をのぞむ展望台にたどり着けます。残雪の山とのコントラストが素敵ですね!

途中で何度も渡ることになる吊橋。「一度に最大20人まで!」と注意書きがあり、なかなかおっかないですが……

橋の上からは、どうどうと流れる川の流れが楽しめます。迫力!

マウントクック周辺には独特の高山植物も咲いています。こちらは「マウントクック・リリー」。

リリー(百合)という名前がついていますが、実際はキンポウゲ科の植物。11月〜1月が見頃で、僕の歩いた11月中旬ではまだ咲き始めといった感じでした。

山腹を流れ落ちる滝なんかも見られます。小さい滝に見えますが、遠くからでもドドドと水が落ちる音がはっきり聞こえました!

谷の向こうにマウントクックが姿を現します(写真右側奥)。通路の両側は平原になっていて、マウントクック・リリーの花があちこちに見られました。

そしてこちらが終点、フッカー氷河湖! 湖畔からはマウントクックの姿をどーんと正面に見ることができます。長時間のウォークの疲れも吹き飛ぶ絶景です。

湖面には溶けた氷河のかけらがいくつも浮かんでいて、自然の雄大さを感じさせます。

湖に入ったり、氷河のかけらに近づいたりしないようにしてくださいね。水温は非常に冷たく、大変危険です。

湖と反対側に見える、荒涼とした岩場も見ごたえがあります。まるで違う惑星に来てしまったかのよう。

湖畔には休憩スペースがあるので、ゆっくり景色を眺めて体力を回復させてから帰りましょう。

はっしー
はっしー
歩きやすくて景色も最高、いいハイキングでした!

「フッカーバレー・トラック」を歩く上での注意事項

夏場でも冷たい風が吹く! 上着は必須

氷河に向かって歩くコースなので、夏場でも氷の上を通り抜ける冷たい風が吹いてきます。

脱ぎ着しやすい、暖かい上着を必ず持っていきましょう。僕は初夏の11月に歩きましたが、氷河湖の周りは結構寒くて、何枚も重ね着して丁度いいくらいでした。

ニュージーランド人は半袖短パンで歩いたりしてますが、真似してはいけません。彼らは寒さの感じ方が根本的に違うのです。

薄くて風を通さない、トレッキング用アウタージャケットが一枚あると、脱いでいるときでもかさばらず便利ですよ。

よく舗装されているのでスニーカーでもOK

終点までは比較的舗装されている道が多く、急な坂もほとんどありません。

ですので、高価なトレッキングシューズでなく、普段使いのスニーカーでもじゅうぶん歩けます。

ニュージーランドのハイキングコースにはときどき羊の💩が大量に落ちていることもあるんですが(笑)、マウントクックではそんな心配もないので、お気に入りのスニーカーでも安心して大丈夫です。

距離が長く、日向を歩くので水分補給を忘れずに

往復3時間と、なかなか距離のあるコースの上、大部分が太陽のよくあたる開けた場所になっています。

そのため、特に夏場のウォーキングでは汗をよくかくことが予想されます。

出発する前に、十分な量の水分を持っていくようにしましょう。500ml〜1リットルもあれば十分かと思います。

「フッカーバレー・トラック」までのアクセス

車の場合、クライストチャーチから約4時間、クイーンズタウンから約3時間10分

大都市からは距離のある場所ですので、せっかくならマウントクックで一泊するのがおすすめ。バックパッカーズなら30ドル(約2400円)も出せば泊まれます。

ぜひニュージーランドらしい絶景を足で歩いて楽しんでみてください!

ABOUT ME
はっしー
ニュージーランド在住の元プログラマ。 日本のIT企業で月100時間超えの残業を経験して過労死しかけたことをきっかけに国外脱出、毎日定時帰りの生活と年収アップを実現させる。脱社畜、英語、海外移住などをテーマに情報発信中。Twitterフォロワーは1万8千人以上。ニュージーランド永住権ホルダー。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です