ニュージーランド

夏のNZで必食。Kapiti のアイスが旨い!!

2月のニュージーランドは真夏の陽気。ここ数日は最高気温が30度近くまで上がる日が続いています。

こんな暑い日に食べたくなるのがアイスクリームですよね〜。案外知られていませんが、ニュージーランドはアイスクリーム大国なのです。

実は、ニュージーランド人は世界で一番アイスクリームを食べる国民と言われてます。日刊ニュージーランドライフによると、ひとりあたり1年で28.4リットル、1日ピノ1箱以上食べてる計算になるそう。そう考えるとすごいな。ピノっていっぺんに1箱食べたことないわ。

nzlife.net

それだけアイスクリーム大好きな国なので、当然ながらアイスクリームの品質も高い。

そう、ニュージーランドはアイスが旨い国なのですよ。

Kapiti のアイスが旨い!

夏の時期ニュージーランドに来る方にぜひとも食べていただきたいのが、Kapiti というメーカーのアイスクリーム。

f:id:imo_jo_chu:20160207193450p:plain

もともとはチーズのメーカーとしてスタートし、現在はアイスクリームも作っています。日本でいうところのハーゲンダッツ的なポジションで、いいお値段するけど旨いアイスを作ってるところです。

どれだけいいお値段なのかというと、ニュージーランドの家庭でよく食べられている TipTop というメーカーのアイスは2リットルで5ドルくらいなのに対し、Kapiti のアイスは 800ml で9ドルほぼ4倍の値段します。

でもでも、味は折り紙つき! 特に夏場ニュージーランドに訪れる方には、ちょっと奮発してでもこのアイスを食べて帰っていただきたいのです。今日はそのラインナップの中からいくつかご紹介しますよ。

パッションフルーツ・アンド・ヨーグルト

f:id:imo_jo_chu:20160207193939p:plain

クリーミーなヨーグルトアイスの中に、ハチミツのソースをアクセントに加え、パッションフルーツアイスでコーティングした一品。

ニュージーランドってただでさえヨーグルトが濃厚で美味しい国なのです。それを国内随一のチーズメーカーが本気で作ってるわけで、たっぷりのハチミツをかけたヨーグルトの美味しさをそのまんまアイスに仕上げてます。

パッションフルーツの酸味のおかげで、濃厚ながらさっぱりとした後味でいただけるのもポイント高し。

ミルクチョコレート・アンド・カラメルクリーム

f:id:imo_jo_chu:20160207194240p:plain

ヨーロッパ的な、ガツンと甘いアイスが食べたい方にはこちらがオススメ。ミルクアイス + チョコ + カラメル。もはや説明不要ですね。

日本でもある味だと思うのですが、チョコの滑らかさ、アイス部分のミルキーさ、そしてカラメルの甘さとほろ苦さのバランス、それぞれが少しずつ日本のものを上回ってて、結果的に全然違うレベルのものになってるという印象。

シンプルながら、ニュージーランドのアイスの底力がわかる一品です。

ソルベも旨い!

Kapiti からは最近ソルベのシリーズが新発売されました。これがまた旨いのです! 市販のアイスとは思えない滑らかな舌触りと果汁感がたまりません。これをニュージーランドの照りつける太陽の下で食べると格別なのですよ。

フェイジョア・アンド・ペア

f:id:imo_jo_chu:20160207195732p:plain

ニュージーランドではお馴染みのフルーツ、フェイジョアと洋梨の組み合わせ。

フェイジョアは小みかんくらいの大きさの緑色のフルーツで、ニュージーランドの家庭では一般的に庭に植えられています。果肉はパイナップルに似た独特の甘酸っぱさがあって美味しいんです。

フェイジョアの芳醇な香りのあとに洋梨の甘さが追いかけてきて、最後にまたフェイジョアの甘酸っぱい後味がじゅわぁと口中に広がります。市販のアイスで、後味じゅわぁですよ。これは一度体験していただきたい。

ブラッドオレンジ・アンド・クランベリー

f:id:imo_jo_chu:20160207194709p:plain

真っ白なブラッドオレンジのソルベと、クランベリーのコンビネーション。クランベリーもニュージーランド人大好きなんですよ。

オレンジとベリー、それぞれのフルーツの風味を活かしながら、酸味をおさえているのがポイント。酸っぱい × 酸っぱいの過剰な感じでなく、甘さとのバランスが見事です。真夏にぴったりの爽やかな味になってます。

まとめ

今回紹介したアイスは、ほとんどのスーパーマーケットや、レジャー施設の売店で手に入ります。一本4ドル(約320円)と、ちょっとお高いですが、日本でも贅沢なコンビニアイスならそれくらいの値段しますよね。

ヘタにケチケチしてよくわからないもの食べるよりは、ちょっとお金を出していいものを堪能してっていただきたい。

ニュージーランドのアイスの特徴は、その口どけの滑らかさにあります。おそらく日本のものより空気の含有量が多いのでは。

日本では密度の高いガチガチのアイスが高級として好まれますが(ハーゲンダッツはまさにそうですよね)、ニュージーランドのアイスは冷凍庫から出してすぐでもスプーンがすっと入るし、口に入れた瞬間ふわっと溶けます。まさにアイス”クリーム”なのです。

なかでも、Kapiti のアイスクリームは日本でも通用するくらいレベルが高く、本気でおすすめできるクオリティなので、ぜひとも皆さん食べてってくださいねー!

↓すべてのラインナップはこちらからチェックを。↓

www.kapiticollection.co.nz

ABOUT ME
はっしー
ニュージーランドで働くプログラマ。 日本のIT企業で月100時間超えの残業を経験して過労死しかけたことをきっかけに国外脱出、毎日定時帰りの生活と年収アップを実現させる。脱社畜、英語、海外移住などをテーマに情報発信中。Twitterフォロワーは約8000人。 ニュージーランド永住権ホルダー。

POSTED COMMENT

  1. antares01 より:

    > 実は、ニュージーランド人は世界で一番アイスクリームを食べる国民と言われてます。
    そうだったんですか。
    そう言えば、私がステイしていた家庭でも毎晩アイスを食べてましたね。しかも、チョコパウダーとかシロップとかべったりとかけて。そしてアイスの空箱がそのまま翌日の弁当箱になったり。。。

  2. shimizutks33 より:

    うまそ〜!
    年末に、家族とニュージーランドに旅行&下見に行きましたが、なんかスーパーの安いアイス食べました。それでも美味しかった☆
    今度行く時には食べてみます。

  3. imo_jo_chu より:

    >id:antares01
    ほんとニュージーランドの人は毎晩アイス食べますよね、笑 あの2リットルアイスの箱が小物入れになってるのもNZあるあるですね〜

  4. imo_jo_chu より:

    >id:shimizutks33
    年末に来られたんですか! 昨年の12月はまだ肌寒かったですけど、楽しんで帰っていただけたなら何より。次はぜひ Kapiti をお試しください ^^

  5. shimizutks33 より:

    そーなんです。妻と、小さい子たち4人(2,4,6,8歳)連れて行きました!こどもたちも気に入ったみたいです。
    その時は北島中心にまわって、南島には行きませんでした。
    12月は、サマータイムも手伝って、日が長くて不思議な面白さがありました。
    ちなみに、影響されてポモドーロ実践中です。休日もやってみたら、メリハリついてイイ感じ(^^)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です