ニュージーランド

ニュージーランドで限界まで節約生活する4つのコツ【月7万円でも暮らせる】

こんにちは、はっしー(@hassy_nz)です。

先日、こんなツイートをしました。

昔の銀行残高見ててあらためて驚いたんだけど、おれニュージーランドに来てから就職するまでのおよそ1年10ヶ月、貯金の150万円を切り崩しながら無収入で生活してたのか。家賃も食費も含めての1ヶ月7万円生活。よくやったな……

僕は2014年の5月にニュージーランドへやってきました。

それから2016年の2月に就職するまで、ほとんど収入ゼロで暮らしていたんです。

家賃や光熱費も含めて1ヶ月で平均7万円ほどしか使えないケチケチ生活でしたが、なんとか乗り切ることができました。

この記事では、物価の高いニュージーランドで節約生活を送る上で必要なコツを解説します!

家賃の安い地域に住む

節約するなら、まずは大きな固定費から削るのが鉄則です。

ということで、とにかく家賃の安い地域に住みましょう。

ニュージーランドは家賃が高いので、住むところを間違えるとどんどんお金が無くなっていきます。

最もおすすめの地域はクライストチャーチですね。

家賃が安い割には街が栄えており便利なので、ストレスなく節約生活を送れるでしょう。

逆にオークランドやウェリントン、クイーンズタウンといった地域はどこも家賃が高いので、節約生活をしたい人にはオススメしません。

ちなみに、僕が学生時代に住んでいたのは「リンカーン」という地域でした。

クライストチャーチの中心地からバスで20分ほど行った場所にある小さな町です。

↓地図はこちら↓

スーパーが1軒、バーが2軒、あとはカフェがちらほらあるくらいの田舎です。

都会から離れて田舎に住んでいれば、家賃も安いし遊びの誘惑も少ないので、さらにお金を使わずに暮らせますよ。

安い食材を選んで自炊する

ニュージーランドは、食べ物もけっこう高いです。

特に外食すると、10ドルや20ドル(約750円〜1500円)は平気で飛んでいってしまいます。

はっしー
はっしー
500円以下で腹いっぱい食べれるような外食はほぼゼロ(泣)

ですので、節約するなら毎食自炊を心がけましょう。

↓僕が節約生活中によく食べていた、おすすめの食材リストはこちらです↓

おすすめ節約食材リスト
  • パスタ
  • 小麦粉
  • 食パン
  • にんじん
  • 玉ねぎ
  • キャベツ
  • とうもろこし(夏のみ)
  • トマト缶
  • ツナ缶
  • インドミー(インスタント麺)
大型スーパーより、個人商店や週末マーケットを活用すると、さらに安く買い物できます。

自動車は使わない

ニュージーランドはガソリン代も高いです。

自分で車を所有していると、ガソリン代だけで月に100ドル(約7500円)以上はかかるでしょう。

ほかにも車検や修理代などの維持費がかかることを考えると、自動車を使ってはいけません。

代わりにバスなどの公共交通機関を使いましょう。

行動範囲は狭くなるし移動時間もかかりますが、そのぶん無駄な移動をしなくなるので浪費をせずに済みます。

車を持っている友達に送ってもらうのもアリです。

長期の休みには遊びに行く

これまで言ってきたことと矛盾するようですが……

長期の休みができたら、ちゃんと遊びに行ったほうがいいです。

せっかくニュージーランドに住んでいるんだから、ただただ節約して引きこもっているだけじゃもったいないです。

遊ぶべきときにはしっかり遊んで、ニュージーランドを満喫したほうがいいですよ。

航空券や長距離バスは、早めに予約すればかなり安く買えます。

宿泊施設も、バックパッカーズをうまく使えば一泊30ドル程度で泊まれますからね。

テカポ湖やマウントクックなどのニュージーランドを代表する自然にも、意外と安く遊びに行けちゃうのです。

はっしー
はっしー
僕も、夏休みや冬休みには長距離バスで旅行してました!

航空券や長距離バスのチケットを買う際は、以下のサイトを覗いてみてください。

格安チケットが買えるサイト

では、今回のまとめです!

ニュージーランドで節約生活をする4つのコツ
  • 家賃の安い地域に住む
  • 安い食材を選んで自炊する
  • 自動車は使わない
  • 長期の休みには遊びに行く

物価の高いニュージーランドでも、節約生活は全然できますからね。

皆さんの参考になれば幸いです!

ABOUT ME
はっしー
はっしー
ニュージーランド在住の元プログラマ。 日本のIT企業で月100時間超えの残業を経験して過労死しかけたことをきっかけに国外脱出、毎日定時帰りの生活と年収アップを実現させる。脱社畜、英語、海外移住などをテーマに情報発信中。Twitterフォロワーは1万8千人以上。ニュージーランド永住権ホルダー。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です