英語

プログラマなのにまだ英語から逃げてるの?具体的な勉強法を解説!

こんにちは、ニュージーランド在住ブロガーのはっしー(@hassy_nz)です。

プログラマは英語勉強したほうがいいって言われてるけどほんとかな……
正直、ふだんの仕事で英語の必要性を感じないからピンとこない。
そもそもどうやって英語を勉強したらいいかわかんないし、詳しい人の意見が聞きたい」

そんな疑問に、海外で働くプログラマの立場からお答えします!

もはやプログラマに英語は必須! 日本語だけでは仕事ができない

結論からいうと、プログラマは絶対に英語を勉強するべきです。
むしろ、英語もできないのにどうやってプログラマの仕事するの?って感じです。

ムッとしてしまった方、すみません。
実は、僕も最近まで「プログラマは英語できて当たり前」という説を信じていませんでした。
かつて日本のIT企業で働いていたときは、周りで英語勉強してる人なんてほぼいなかったですし。
本屋に行けば日本語の技術書もたくさん出版されているので、英語ができるに越したことはないけど必須じゃないよね〜くらいに思ってました。

でも、最近ふと思いたって「日本語の情報だけでプログラマの仕事ができるか」って試してみたんですよ。
これがね……ビックリするくらい無理!!!
普段は英語だけで仕事してるので実感がなかったんですが、日本語しかできないエンジニアの皆さんは本気で危機感持ったほうがいいです。
その理由を順番に説明していきますね。

公式ドキュメントやチュートリアルはほぼ英語

世界中で広く使われているライブラリに関して、日本語の公式ドキュメントが用意されているものが非常に少ないです。

たとえば、フロントエンドでよく使われる「webpack」というライブラリがあります。
これの公式チュートリアル、公式ドキュメントは英語で書かれており、日本語はありません。
webpack公式チュートリアル
webpack公式ドキュメント

日本語しか読めない人が新しい技術について勉強しようと思った場合、公式サイトを読む段階でつまづいてしまうわけです。
「webpack 入門」とかでググれば断片的な日本語の情報は手に入りますが……それってものすごく非効率的ですよね?
英語ができるかどうかが、そのまま知識と技術力の差になってしまうのが現状なのです。

バグの原因調査にも英語が必須

「いやいや、自分はそんな新しい技術なんか使わないから大丈夫だよ」って思ってる人がいるかもしれませんね。
でも油断していたら大間違い。
日常的なバグの原因調査ですら、英語ができないとお手上げになる可能性があるんですよ。

これは僕の体験談です。
最近、JavaScript に関する不具合の調査をしました。
一見すぐ治りそうなバグだったんですが、思いつく解決法をいくら試してみても治りません。
延々と悩んだあげく、ふと思いついてググってみたら、ビンゴ!
とあるライブラリに起因するバグで、GitHub の issue に報告されていたんです……もちろん英語で。

かなり恐ろしい話ではないでしょうか?
もし僕がまったく英語ができなかったら、原因不明のバグとして時間を永遠にムダにしていたかもしれないんです。
ソフトウェアがますます複雑化していく現代、あなたが働いている現場にいつこういった事態がふりかかるかわかりませんよ?

一度ここまでの内容をまとめましょう。

英語のできないプログラマはここがヤバイ
  • 新しい技術をスムーズに学習できない
  • 日常的なバグの調査すら満足にできない可能性がある

「英語もできないのに、どうやってプログラマの仕事するの?」というのが決して大げさではないのがわかるかと思います。

プログラマが目指すべき英語力とは?

「そんなこと言ったって、いまさらどうやって英語勉強すればいいの??」
……って声が聞こえてきそうですね。

あわてなくても大丈夫です。
プログラマに必要な英語のレベルは、そんなに高いものではありません。
なにも今すぐ海外に行ってネイティブ達と仕事しろってわけじゃないですから。
プログラマが目指すべき英語力と、それを達成する勉強法について詳しく解説します!

英語の公式ドキュメントが読めるようになろう

英語力は大きく「聞く」「読む」「書く」「話す」の4技能に分けられます。
この4技能のうち、プログラマに最も求められるのは「読む」力です。
記事の最初でもお話したように、公式ドキュメントの英語が読めるかどうかがプログラマとしての力量に関わってくるわけですから。
まずは、英語の読解力を優先的に鍛えるようにしましょう。

安心してほしいのは、日本人は英語4技能の中でも「読む」力が最も得意だってこと。
なにしろ中学校から大学受験にかけて、英語の長文読解はさんざんやらされていますからね。
「もう英語なんて忘れちゃったよ……」という人も、少し勉強すればまたできるようになるでしょう。

TOEICのリーディング425点以上を目標にしよう

英語の公式ドキュメントがスラスラ読める英語力を目指すために、TOEICのリーディング425点以上を目標にしましょう。
「なんで425点なんてハンパな点数なの?」って感じですが、これは425点以上がTOEICが公式に「最上級レベルのリーディング力」とみなしている数字だからです。
これだけのスコアが取れれば、少なくとも英語を読むことに関する抵抗はなくなっているはずですよ。
参考: TOEIC レベル別評価の一覧表

TOEICを選んだ理由は大きく3つあります。

・数値目標がはっきりあったほうが学習のモチベーションを保ちやすい
「ドキュメントが読めるようになる」だけだと、どれだけ勉強すればいいのかわかりませんから。
自分の現在の英語力と、目標までのギャップがきっちり見えたほうが継続して勉強しやすいです。
スコアがだんだん上がっていくのは単純に楽しいですしね!

・ひんぱんに試験が開催されているので受験しやすい
プログラマは忙しい仕事ですし、休日出勤がある人もいるでしょう。
年に数回しか受験日がない試験だと、せっかく受けようと思ったのにシステムリリースと重なって行けない!なんてことになったら笑えませんからね。

「大量のビジネス文書を短時間で読む」というテスト形式がプログラマに求められる英語力にぴったり
英語を実際の仕事に活かすためには、インターネットにあふれる膨大なドキュメントの中から、自分に役立つ情報を的確に見つけ出さなくてはなりません。
TOEICのリーディング試験はこうした作業に似ているので、テスト対策がそのまま仕事にも活かせます。

おすすめの参考書

TOEICの勉強を始める前に、まずは自分のレベルを知る必要があります。
公式の過去問を手に入れて、現在の英語力をチェックしておきましょう。
あとで単語帳を買う際の参考にするので、リスニングとリーディング両方やってみてください。

過去問を1回分問いてみたら、そのスコアを参考に単語帳を買ってみましょう。
自分の今のレベルより一段階上のものを買うのがコツです。
毎日1ページでも目を通して、常に新しい単語を覚えるようにしてくださいね。

具体的な単語帳の使い方は、TOEIC満点・英検1級の実力をもつユーチューバー、ATSU さんの動画で詳しく解説されていますのでご参考に!

また2週間に1回くらいでいいので、気になるプログラミング言語やライブラリのチュートリアルを英語でやってみましょう。
コードにばかり目を通してなんとなくやるのではなく、手順の英語をしっかり読んで理解しながらこなすのがコツです。
最初は英語を読むだけでも苦しいと思いますが、リーディングの訓練を積むにつれて次第に楽になってくるはずですよ。

いくつか練習に良さそうなリンクを張っておきます。
僕の専門がフロントエンドなのでJavaScriptばかりで恐縮ですが……もちろん、ご自分の興味のあるものを勉強すればOKです。

Reactのチュートリアル
Vue.jsのチュートリアル
AngularJSのチュートリアル

リーディングを鍛えるのが主な目的なので、オンライン英会話とかは特にやる必要ありません。
もちろん「もっと英語を勉強したい!」という人が利用するぶんにはどんどんやればいいですよ。
ですが、プログラマが日常的な仕事に使える英語力を最低限の労力で手に入れたいならば、英会話は後回しにしてひたすらリーディングの特訓をするのが良いと思います。

まとめ 〜プログラマの英語力は技術力に直結する〜

繰り返しになりますが、もはやプログラマは英語なしで仕事ができないのが現状です。
今後、英語のできるエンジニアとそうでないエンジニアの差はどんどん開いていくでしょう。
「プログラマは技術さえあればいい」ではなく、「英語力がなければ技術も身につかない」んです。

この記事を読んだいま勉強を始めるかどうかが、1年後に大きな差になってあらわれます。
危機感を感じたときこそチャンスですよ!

ABOUT ME
はっしー
ニュージーランドで働くプログラマ。 日本のIT企業で月100時間超えの残業を経験して過労死しかけたことをきっかけに国外脱出、毎日定時帰りの生活と年収アップを実現させる。脱社畜、英語、海外移住などをテーマに情報発信中。Twitterフォロワーは1万人を超える。ニュージーランド永住権ホルダー。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です